あたたかい家庭生活へ

「あたたかい家庭生活へ」の有益情報をお届け!

離婚回避!やっぱり仲良し夫婦をめざしませんか?

夫婦の悩み、問題を解決

はい、さて、出逢った男女が結婚をして夫婦になりました。
いろんな期待があったと思うけれど、
結婚はゴールではなく、スタートでしたね。

「こんななずでは、、、」と後悔していますか?現実はどうですか?
けれど大丈夫です。
人間完璧な人はいませんから。


ではずーっと我慢するの? いいえ、そんなことはありません。


せっかくの夫婦ですから、一度立ち止まって、前向きにお話しましょう。

パートナーを取り変えたいですか?
しかし問題から逃げるといつか同じような展開になります。

「その人に背負いきれない苦難困難はあたえられない」

人生は一冊の問題集といいます。
きっと夫婦の数だけ、隠されたテーマがあって、幸福感もあると思うのです。

ありのままの夫婦でのりこえていきませんか?
独身の方もいっしょにどうですか?

仲良し夫婦大復活へ、最強のマニュアル

完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにする方法。

2010年01月08日

ちょっとかわいい妻を、演じてみる

夫の愛情不足を嘆く人は一度、男性の立場に立って、
自分自身を見てはいかがでしょうか?

結婚当初は、魅力的に見えたあなたも、家庭に入ると、
しだいに、着る物は、そんざいになり
お化粧はしなくなり
だらしのない姿を見せるようになっていませんか?



洗濯物は山積みで、天井に届きかねないし、
茶碗は使いっぱなしで、洗わず
ごみは盛り上がり、銀バエが飛び回っているー。


そのような家庭に毎晩帰ってきたならば、
夫はどのように感じるでしょうか?



「ふてぶてしい。おれが、これだけ苦労して会社で
8時間も10時間も働き、ぐったりしてかえってきているのに
女房ときたら、あとかたづけは、できないし
洗濯、掃除もせず、布団は敷きっぱなしで、毎日、三食昼寝つきだ。
こんな、ばかな話があるものか。」


という思いで、夫はあなたを眺めるのです。

しかし

「男たるもの、あまり愚痴をいうものではない」


と思うので、会社から帰ってきては、ブスッとした顔で
「飯」「風呂」「寝る」
という3つの言葉だけを言うようになります。


それが、せめてもの男性の、抵抗なのです。


夫の愛情不足を、いつも嘆いている人は
立場を変えて、

「どうすれば、夫が自分をかわいく思うか」

ということを考えて見る必要があります。


「夜の生活が不足している」


という人も同じです。

妻としての魅力が、どこか欠けているのではないでしょうか?


もうすこしけなげで、かいがいしい妻ぶりを発揮すると
夫にとって、それなりにかわいくなってくるものなのです。



PR完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにする方法

posted at 09:09
カテゴリー:あたたかい家庭生活へ
エントリー:ちょっとかわいい妻を、演じてみる
2009年10月30日

聴くことのすごい効果

相手を愛せないときは、相手を理解できないときなんです。。

夫婦の場合でもたいてい、そうではありませんか?


夫も妻も、それぞれ言い分をもっていて
お互いにそれを言い合っているんですが
相手の言い分が納得できず
自分の気持ちが許さないから
喧嘩になってしまいます。

ね?

理解できたときは愛することができます。


それで、

「自分は理解された」


と思った人は

「自分は愛された」と感じます。




相手の話をよく聴いてあげると、相手を理解できるようになります。




家庭においても
他は何もしなくとも、ただ相手の話をよく聴いてあげるだけで
解決する問題はいっぱいあるように思います。




「妻がいろいろと悩みをかかえてなかなか、解決できない」


というときも、おそらくなんてことはないです。


「主人が2,3時間、奥さんの話を聴いてあげたら
それで終わり。」

かもしれません。


ですから、相手を理解するためには
聴く能力を高めるんです。



今日は、、、今日こそ
「相手の話を聴いてあげよう」と思うことも

愛の心なんですよね^^


PR 完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにする方法
posted at 23:49
Comment(1) | TrackBack(0)
カテゴリー:あたたかい家庭生活へ
エントリー:聴くことのすごい効果
2009年10月11日

まず、「心の中」でほめてみよう。

人間関係がうまくいかなくなってきたときには
原点に帰り、初心に戻って自分を厳しく
見つめなおす必要があると思います。


人間の価値は能力だけでは決まらないところがあります。

もっと幅広い、さまざまな要素があります。


たいていは、相手を一面的に、評価していて
何かの面だけを取り上げ、
「駄目だ」といっているものです。


人間関係でつまずきが起きてきたら、
粗探しをやめて、相手の長所を認め、
相手をほめる気持ちを持つようにすればいいです。



それを口に出して言う事ができないならば
心の中で思うことです。

そうすると、相手のほうもちょうど同じ時期に
同じようなことを始めます。


これは不思議なぐらい符号しているのでやってみるといいです。
必ずそうなります。



相手を悪く言う場合、それはたいてい、
隠された能力自慢であることが多いそうです。



結局、
「自分はこんなにできるのだ」
という自慢、隠れたかたちでの能力自慢だそうです。



それが他人とぶつかっている原因なので、
それを横に、置いて、
「もう少し相手のいいところを見よう」
という寛容な心を持てばいいのではないでしょうか?



妻に対して、、、夫に対して、

子供に対して、

いろいろ家族間にもあてはまります。



特に男はプライドがあります;^^

妻に素直に言えない、認めれないことが
多々あります。

そんなときは私も心の中で謝ります。
「言い過ぎた、すまない。」


そうしたら
その後はなんだかすんなり、事が収まる感じです。

以心伝心なのか?わかりませんがね、、。



PR 完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにする方法
スムーズに借入
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。